けん玉講師。第22回JKA杯、第7回クラス別選手権・Aクラス優勝で日本一に。大会情報やクラブ案内、動画も公開中。
けん玉講師・音楽家 第22回日本けん玉協会杯優勝のチャンピオン 各けん玉教室・イベントのスケジュール けん玉の販売 けん玉の動画・楽曲試聴等 プロジェクトスタジオ「Studio Sonics」 リンク
けん玉ショー・けん玉パフォーマンス けん玉の出張指導 けん玉教室・講座・指導 けん玉大会の記録・東海地区情報等 各種大会のルール 技の解説・選手紹介 けん玉ペインティングコンテスト・もしかめ選手権 掲載記事 ダウンロード
けん玉講師 大川英一郎 WEB SITE
[NewEntry] [Admin]

けん玉合宿&東海チャンピオンシップ③

2013-05-06a.jpg

朝の講習会に続いて、自主練習時間を経ていよいよ大会スタート

この大会の特色になりそうなのが、全員共通の25種目×2回試技=50点満点の予選競技だ。

準初段以上(相当の実力)にしか出場が許されていない、上級者むけの大会である。
1種目めから、「とめけん~日本一周」。ひとつひとつはできるけど、気をぬくとポロッと落としてしまう技ばかり。たとえば16種目めは「宇宙一周~うら地球まわし」。やっとの思いで宇宙一周を決めたかと思ったら「うら地球まわし」である。「二回転灯台」や「宇宙遊泳」といった五段相当の技まで含む25種目を準初段の子にもやらせるという、前代未聞にも思える試みなのだが、結果的にはこれが大成功。

目の前の「つるしとめけん」や「さか落とし」が簡単になってきた。


予選上位からそれぞれ「チャンピオンシップ」「高段位の部」「上級の部」の3部門に分かれてトーナメント。

この方式、段位申請による腕の偏りもないし、上位に食い込みたいから人数の少ない部門にエントリーすることもできないので、実に公平性が高い。すごく上手なのに予選落ちすることもない。

決勝トーナメントでは提示技もあり、チャンピオンシップ部門ではさらに今年の全日本の変動種目も。これをやっておけば全日本クラスの選手も十分に練習になるね。


息子はなんと決勝トーナメント進出者の次点!それも同点で1回目の成功率で下位になっただけだった。しかもその同点だった男性が、上級のトーナメントで優勝。いやあ、わからんもんだね。

2013-05-06b.jpg

上級の部、トップ3。

優勝:中村真生 準優勝:川村晃平 第3位:堀池尚矢

2013-05-06c.jpg


高段位の部、トップ3。

優勝:杉山慧太 準優勝:瀬戸智晴 第3位:河合明日美

2013-05-06d.jpg

チャンピオンシップ、トップ3。

優勝:大川英一郎 準優勝:見城崇 第3位:杉山颯星


2013-05-06e.jpg

みんなで集合してパチリ。みなさん、お疲れ様でした!!後日の公式結果をお楽しみに!!

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

ご依頼・お問い合わせ  有限会社パピーランド
メールメールアドレス お電話電話番号

Template Designed by DW99