けん玉講師。第22回JKA杯、第7回クラス別選手権・Aクラス優勝で日本一に。大会情報やクラブ案内、動画も公開中。
けん玉講師・音楽家 第22回日本けん玉協会杯優勝のチャンピオン 各けん玉教室・イベントのスケジュール けん玉の販売 けん玉の動画・楽曲試聴等 プロジェクトスタジオ「Studio Sonics」 リンク
けん玉ショー・けん玉パフォーマンス けん玉の出張指導 けん玉教室・講座・指導 けん玉大会の記録・東海地区情報等 各種大会のルール 技の解説・選手紹介 けん玉ペインティングコンテスト・もしかめ選手権 掲載記事 ダウンロード
けん玉講師 大川英一郎 WEB SITE
[NewEntry] [Admin]

全日本けん玉道選手権その3

で、自分の戦いですが、やはり写真がない(笑)。

予選2位は2回戦スタートだったので、1回戦の勝者とあたるわけです。これが結構きびしくて。やはり身体がいうことをきくかどうかということに関しては、とにかく初戦が一番難しいのです。

昨年のJKA覇者である広島の里田くんが勝ち上がってきたわけですが、彼も含めて、対戦になるとみな紙一重の実力差のなか戦うため、1回戦を戦い済みの選手相手は難しいという側面があります。同様に予選免除になった前年優勝者も、予選で身体を動かせずにいきなり本番という難しい側面を抱えるわけです。


しっかしまあ今回の技の出方は運命かと思いました。くじ引きでどの技がでるか決まるわけですが、これまでイヤというほど決勝トーナメント本番で失敗してきた「ろうそく返し」がまた出たのです。今回は、、、3回目まですべて決められました。さらに、4本目の3回目を里田くんが決めた時点でワタシのラスト1回を決めても里田くんの勝利は変わらなかった状況で、実に澄み切った心境で「すべり止め極意」を決めた、これが自分の中ではかなり賞賛に値する出来だったのでGOODでした。

あとはこの対戦形式におけるメンタルをもっと数多くこなすだけですね。



崇くんは岡山の中学2年で文部優勝経験者の岩本くんとあたったものの敗れてしまいましたが、着実に階段を登っている感じがします。


2011-5-28k.jpg
決勝戦では前日に一緒に練習した室谷くんと本番でワタシと対戦した里田くん。

両者ともに銀河系一周などをバンバン決めていましたね。すばらしい対戦でした。


2011-5-28g.jpg
結果、室谷くんが初優勝。お母さん方の涙なみだな光景も印象的でした。これからが大変ですが、なんともうれしい瞬間を味わったことでしょう。おめでとう。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

ご依頼・お問い合わせ  有限会社パピーランド
メールメールアドレス お電話電話番号

Template Designed by DW99