けん玉講師。第22回JKA杯、第7回クラス別選手権・Aクラス優勝で日本一に。大会情報やクラブ案内、動画も公開中。
けん玉講師・音楽家 第22回日本けん玉協会杯優勝のチャンピオン 各けん玉教室・イベントのスケジュール けん玉の販売 けん玉の動画・楽曲試聴等 プロジェクトスタジオ「Studio Sonics」 リンク
けん玉ショー・けん玉パフォーマンス けん玉の出張指導 けん玉教室・講座・指導 けん玉大会の記録・東海地区情報等 各種大会のルール 技の解説・選手紹介 けん玉ペインティングコンテスト・もしかめ選手権 掲載記事 ダウンロード
けん玉講師 大川英一郎 WEB SITE
[NewEntry] [Admin]

全日本けん玉道選手権その2

2011-5-28j.jpg
やだ~中学生ばっかじゃん!20人のうち半分の10人が中学生。ぜんぶ備前・大阪・伊丹の子です。ってゆーかその3地域の選手っていうだけのくくりだと12人だな。あとは静岡が2、広島が2、和歌山が1、関東首都圏が3。


今回、ついに大学生の決勝進出が0人!ガーンですね。。

田村一樹くんが灯台静止でできているのに手がいうこときいてくれなくて2点損して18点とれるところ16点になってしまって、まあ彼は今回もっと大事なものを得られたのでむしろより大きく成長できたのですが。広島のDAMAけんの子たちも発揮しきれずで。

この年代は中村有美ちゃんらも含め有望な子も多いのです。かつて今の中学生たちのように怖いものなしなのびのびとしたけん玉をしていましたが、ここへ来て例外なく大人の階段を登っているようですね。これが正常な姿なのですよ。ただハイレベルな中学生の絶対数が多くて予選を通れないというだけです。

よく言われる低年齢化ですが、ここはあえてこの大学生や社会人にむけて言いたい。これは決してあなたが下手だとか、否定的な評価をされたわけではないということを。かつて大学生のみんなも、身体がなぜかいうことをうまく聞いてくれない今の不思議な現象はなかったはず。また、中学~高校のはじめ当時は今こんなことを自分が味わうことはさすがに予想だにしなかったはず。試合当日もみんなの練習風景を見ていましたが、さすが、と感心するような出来ばえでした。ここでやめずに、楽しみながらぜひ息の永い選手になってほしいと思います。

決勝にでられた中学~高校のはじめの子たちには、ほとんどが強豪のコミュニティにいる子なので、ここで固まってしまわずに、他グループの友達をどんどんつくってほしいかな。ワタシ自身、四段程度から先の技・メンタルなどを独学と出稽古で培ってきたからこそ、今の確固たる理論もメソッドもあることを味わっているので、今まで自然に身についたものをもっと自分でも研究してみてほしい。

まあ、いろいろと話が尽きなくなるので、その3にいきますか。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

ご依頼・お問い合わせ  有限会社パピーランド
メールメールアドレス お電話電話番号

Template Designed by DW99