けん玉講師。第22回JKA杯、第7回クラス別選手権・Aクラス優勝で日本一に。大会情報やクラブ案内、動画も公開中。
けん玉講師・音楽家 第22回日本けん玉協会杯優勝のチャンピオン 各けん玉教室・イベントのスケジュール けん玉の販売 けん玉の動画・楽曲試聴等 プロジェクトスタジオ「Studio Sonics」
けん玉ショー・けん玉パフォーマンス けん玉の出張指導 けん玉教室・講座・指導 けん玉大会の記録・東海地区情報等 各種大会のルール 技の解説・選手紹介 掲載記事 ダウンロード
けん玉講師 大川英一郎 WEB SITE
[NewEntry] [Admin]

第22回日本けん玉協会杯争奪戦 その1

前日の練習では、かなり不安要素を減らせていたものの、それがたった1回の本番で出てくれるかどうかは、もちろん何の保証もありません。不安です。

第22回日本けん玉協会杯争奪戦。よくJKA杯とかJKAカップなどと称されます。当日集まった中から予選を勝ち抜いた上位20名の選手が、10種目を各5回、合計50点満点の、あらかじめ決められた技を何点取れるか、という得点制の競技を行ないます。

この大会は毎年5月に行なわれる「全日本けん玉道選手権」とならんでけん玉の世界の最高峰のひとつ。毎回誰もがパーフェクトな優勝を目指して挑んできたのに誰も成し遂げられなかった経緯があります。昨年、それまで小学生の世界でスーパースターだった中学1年の女の子が初めて歴史的な50点を取るまで、ずっとです。
朝6時過ぎ、ヨメさんと一緒に出発です。あ、ちなみに、妻や恋人を大会に連れてくると、これまで必ずといっていいほど、みんな散々な結果に終わってきました。今回はどうなるやら。

上野駅の外にでると、町の電光掲示板には「現在の気温:-1℃」。

日陰はもちろん凍結状態。タクシーで、会場の台東区生涯学習センターへ。天候のこともあって早めに出発しましたが、順調に着いたので時間が余ってしまいました。9時にしか建物に入れないのに8字30分に玄関前。寒い。寒すぎる。

やっと入れた会場の部屋。今回史上最多63名のエントリーがあったために座りきれない人がでそうな、ごった返した雰囲気でした。

今回から、新しい優勝賜杯が使われます。重さ25kg、高さ88cm(台座を含めると約1m)。まだ誰もこれを掲げてはいません。



コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

ご依頼・お問い合わせ  有限会社パピーランド
メールメールアドレス お電話電話番号

Template Designed by DW99